Search this site
アコースティックデュオ 練Neriのギター、eM Guitar Schoolの講師 遠藤まさみのブログです。
<< メロディックマイナーの4度堆積コード | TOP | なんとなくブラジル風なコード2 >>
なんとなくブラジル風なコード

このコード、一見マイナーセブンコードに空目しますが
4弦の5度にあたる音が半音上にありますね
この場合5度は1弦にあるので6度を半音下げてBm7(b6)
実際の使用はほとんどGM7(9)の3度ベースかEm7(9,11)の5度ベース
Em7(9,11)/Bのときは6弦開放がルートに成り得ますが
GM7(9)/Bの場合ベースの人にGを弾いてもらうと
ブラジルの風が吹きます。
行ったことはありませんが
posted by 遠藤まさみ | 22:28 | - | comments(4) | trackbacks(0) |
コメント
今度吹かせたいです。
2012/08/18 11:10 by Jun-Go
おお、よろしくですー
適当なキーで弾くので
すかさずルートをビシッと
キメてください
2012/08/18 11:59 by まさみ
はろ。TWを見て来てみた。これよく使ってるな。フィーリングで適当にポジションをずらすとまたヘンでなんとも良いね。w 5弦を開放AにしてG△9/Aとかでも。ベースがGを弾いたら単にG△9なんだけど風が吹くのねー?ってか、ブラジル方面ちゃんと聴いてないので分かんないけど。w
2012/10/12 00:28 by steelbeck
うぇるかむ。やっぱ使ってますかー
5弦開放ペダルでも6弦開放ペダル
でも面白いですよね
こんなサウンドがトニーニョから
パット・メセニーに伝わって
マイク・スターンや他のパットに
影響を受けた人々に伝わっていった
というようなイメージを持ってます
2012/10/12 20:10 by まさみ
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://masami.neriweb.net/trackback/26
トラックバック