Search this site
アコースティックデュオ 練Neriのギター、eM Guitar Schoolの講師 遠藤まさみのブログです。
<< ハーモニックメジャーの4度堆積 | TOP | トニック・ディミニッシュを代理する >>
parody cadence パロディー・カデンツ
パロディーカデンツってなんでしょうか
カデンツってのはケーデンスとも言い、日本語では
終止形のことで、例えばDm7→G7→CM7とか。
それのパロディーということですね
m7→7→M7の完全終止を模倣しながら風刺するってことです
とりあえず2通りあって、
ひとつは、ルートが4度進行した上に機能和声からかけ離れた
コードを乗っけたもの。
メジャースケール以外のダイトニックコードも使う。

この場合
DM7(#5)はBメロディックマイナーのb靴G7(9,11)はCアイオニアンの/
CM7(#5)はAメロディックマイナーのb靴塙佑┐討泙



もうひとつは、一見、機能和声的な進行(m7→7→M7)に見えるがルートが4度進行でないもの。

モードがドリアン、ミクソリディアン、アイオニアンと進むのに
ベースラインはなぜか1音ずつ下降。
この場合Dm7はKey of C でC7はKey of F そしてBbM7はKey of Bb
ですからKeyがC→F→Bbと4度進行している。

任意に選んでもかまわないし、なんらかの規則を与えてもOK。

楽曲をパロディーカデンツのみで
作ってしまうとか、大変でしょうが
とっても変で面白そうです。


posted by 遠藤まさみ | 22:30 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://masami.neriweb.net/trackback/33
トラックバック